求人広告の運営会社が代理店を利用する理由

求人広告を掲載する媒体を運営している会社は多くあり、膨大な量の求人を取り扱っています。運営会社が広告を掲載するクライアントを見つけるべく営業をすることもありますが、より多くの求人広告を掲載するために代理店を用いているところが大半です。求人媒体としては掲載数がすくなければユーザーが離れていき、ユーザーが離れれば新規案件を獲得するのが難しくなってしまうためで、つまりどれだけ多く掲載できるかが媒体の魅力ともいえるのです。

代理店は新規案件を見つけるのが仕事

求人広告代理店は、運営会社に代わって広告を掲載するクライアントを見つけ、実際に掲載したらマージンとして掲載料の一部を受け取ることになります。どれだけ多くの広告を掲載することができたかが売上につながるので営業力が問われることになります。求人広告代理店は数多くありますのでクライアントの奪い合いということも珍しくなく、一つでも多くの案件を獲得するために様々な工夫を行ない、同業他社と差別化を図ろうとしています。

実はアフターケアが大事

新規のクライアントを獲得することも大切ですが、アフターケアを行ない、継続して契約をしてもらうことが重要です。そもそも求人広告は掲載期間が定まっており、期間が過ぎた場合には延長のために追加料金を支払わなければならないのです。そこで営業としては新規案件を獲得する作業をしながらも、クライアントのアフターケアを密に行い、引き続いて広告を掲載してもらえるようにしなければなりません。こうした作業こそ売上を支える重要な柱なのです。

代理店の募集を行う際、相手に1.商品知識は十分、2.販売人数、3.売上目標の3点は必ず確認して下さい。自社に代わって販売して貰う以上、この3点は必ず必要ですし、複数の場合の選択ポイントになります。