知らない人と住むということは

とりわけ都内では、シェアハウスがいろいろな地域に生まれています。シェアハウスというのは、一つの屋根の下にたくさんの人が住むという居住形式であり、そのたくさんの人というのはもちろん知らない人です。見知らぬ人とクラスのにはちょっと抵抗があるという人もいるでしょうが、むしろ知らない人と住むからこそ、新しい発見があったり、また自分自身の成長にもつながったりしますよ。良い経験だと思って、シェアハウスに住んでみましょう。

シェアハウスの利点とは

シェアハウスに住むと、たくさんの仲間ができたりします。シェアハウスで出会った人とカップルになったり、友達になったりすることも少なくありません。もちろん、こうした出会いという側面ばかりではなく、シェアハウスにはいろいろな利点がありますね。たとえば、一般の賃貸住宅に比べてお金がかかりません。敷金や礼金も安くて済みますし、また家具や家電が備え付けてありますので、生活必需品を揃える必要もないので、けっこう気軽に住むことができますよ。

国際交流の場にもなる

シェアハウスには日本人だけでなく外国人が暮らしていることもあります。そういうシェアハウスのことをゲストハウスとも言いますが、いわばこれは日本に胃ながら国際交流ができるいい機会なのです。これからの国際社会の時代、たくさんの価値観に触れておくことはきっといい経験になるはずです。外国のさまざまな情報を知ることもできますし、パーティー好きの国民性のある外国人がいたりすると、毎日楽しく過ごすこともできますよ。

シェアハウスは他の人と共同生活を送り多少窮屈に感じるかもしれませんが、家賃が節約できるというメリットがあります。