商材と委託プロセスで選ぶ営業代行業者

営業代行は、営業周辺業務で独自のノウハウを持つ代行業者に、業務を外部委託することですよね。代行業者の提供するサービスは、どの業者も同じではありません。商材の種類はもちろん、営業プロセスのどの部分を委託するのか、どのような形でアドバイスやサポートをしてもらうのかなど、依頼内容によって選ぶべき代行業者は異なります。ある程度のコストは覚悟する必要があるので、確実に成果に結びつく業者を見極めなければなりません。

代行業者の得意分野を意識して

営業代行業者は、各社得意分野がありますよね。例えば、商材を指示通りに営業・販売してくれる、コールセンタースタッフや、外回りの営業スタッフが必要というケースもあります。その場合は、その分野での経験が豊富で、スタッフ派遣などで経験や強みのある業者が向いています。一方、営業業務を根本から見直したい、ある商品サービスをPRするための特別チームを編成するので、アドバイザーが必要というケースなら、コンサルティング業務まで手掛けている業者を探す必要があるでしょう。

商材の特徴から考える業者選び

営業代行を活用して売りたい商材は、新商品や定番商品のリニューアル版など、企業によって様々ですよね。シンプルで、分かりやすい商品ならは、競合商品も明確なので営業計画も立案しやすいでしょう。しかし、新しい価値を提供する、今までにない複合的な要素を持った商品であるほど、単純な営業では販売実績に繋がりにくいケースが多いと言われています。売るのが難しい商材の営業代行なら、特に実績豊富な商材と相性の良い業者を探し、一貫したサポートを受けることも検討してください。

営業代行は商品やサービスの魅力を上手く伝えるためのサポートによって顧客の獲得や売り上げの向上を目指せます。